写真:見出し 写真:見出し

冬は48%もの熱が窓から失われることをご存知ですか?
一枚ガラスの窓の場合、冬には暖房などで暖めた熱のなんと48%が窓を通して逃げていき、夏には71%もの割合で窓から太陽光などの熱が入り込むといわれています!住まいの中でも「窓」は外の空気の影響を受けやすく、熱の出入りが最も多い場所。つまり、窓の断熱性能を高めることで、住まい全体の断熱性能のアップに繋がるというわけです。
21世紀の住宅/開口部の断熱

データ出典:日本建材産業協会 省エネルギー建材普及センター 『21世紀の住宅には、開口部の断熱を…!』

手軽にできる窓の断熱リフォーム

断熱リフォームというと大掛かりな工事が連想されるかもしれませんが、窓の断熱リフォームはリフォームの中で割と手軽にできるうえ、高い省エネ効果を実感できるのが魅力です。窓の断熱リフォームとしてはサッシ部分やガラスを取り替えるのが一般的ですが、夏の暑さ対策には遮熱フィルムなどもおすすめです。

複層ガラス

現在の窓ガラスを高断熱タイプのガラスに取り替える方法。ガラスを2枚にすることで断熱性能を向上させます。

複層ガラス

内窓

今ある窓はそのままで、内側にもう一つサッシを取り付け二重窓にする方法。内窓は既存の木額縁に取り付けるなど比較的簡単な工事で完了することも可能です。

内窓

断熱サッシ

熱を伝えやすく断熱性能が低い従来のアルミ製サッシから、樹脂製などの断熱効果の高いサッシに取替える方法です。

遮熱フィルム

夏の暑さ対策に。遮熱性のあるフィルムを窓ガラスに貼ることで、室内に入る熱を効率よくカットします。透明性が高く、室内が暗くなりません。

結露の悩みも窓断熱ですっきり解消

窓の断熱が不十分だと、冬は結露に悩まされるものです。冬場は、毎朝窓に結露がびっしりというご家庭も多いのではないでしょうか。結露をただの水滴とあなどってはいけません。水滴で濡れたカーテンや床などをそのままにしていると、そこからカビやダニが発生したり、壁や柱が傷む原因にもなりかねません。

column
窓を二重にすることで、結露対策にどれだけの効果があるのでしょう。グラスをサッシに見立てて実験をしてみると、その効果がよくわかります。
1. 氷水の入った2つのグラスを用意し、一方のグラスはそのままで、もう一方のグラスには大きなグラスをかぶせます。
2. しばらくすると、室内の空気に触れていた1層のグラスには結露が発生し、表面がビショビショになります。一方、グラスをかぶせた2層のグラスにはわずかな結露しか発生しません。これは、グラスとグラスの間の空気層が断熱効果を発揮し、熱を伝えにくくしているからです。
ワンポイントアドバイス
結露は窓だけでなく、北側の居室にある閉め切った押入の壁にも発生することがあります。 また内部結露と呼ばれる、壁の中や天井裏、床下など見えない部分で発生する結露もあるので、注意が必要です。

ローディング
閉じる
クリップリスト