本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

平成23年1月5日

業界初のライフサイクルCO2マイナス※1住宅、誕生。


GENIUS LCCO2マイナスモデル

コンセプト住宅「ECO Flagship Model」の量産タイプとして商品化
創エネルギーと省エネルギー技術などによりエネルギー自給率147%※2を達成
カスケードソーラーシステムや付加断熱システムなどの最新の環境技術を標準装備

写真:GENIUS LCCO2マイナスモデル 外観イメージ

外観イメージ


ミサワホーム株式会社(代表取締役社長 竹中宣雄)は、環境住宅の未来像として、2030年の地球生活を見据えたコンセプト住宅「ECO Flagship Model(エコフラッグシップモデル)」を昨年11月に完成させましたが、このコンセプト住宅の量産タイプとして、同じくライフサイクルCO2マイナスを実現する木質系戸建住宅GENIUS「LCCO2マイナスモデル」(ジニアス・エルシーシーオーツーマイナスモデル)を1月7日に全国(北海道および沖縄県を除く)で発売します。

ミサワホームでは、住まいは今後、個人の資産という位置付けから、エネルギー供給やセーフティネットとしての役割を担う社会のインフラとなるべきであり、また、CO2を削減して環境負荷を低減するというレベルから、住まいの周辺や地球全体の環境にも貢献する「生態系の一部」のような存在になるべきであると考えています。そのため、「ECO Flagship Model」を、「木を植えるように、家をつくる」というコンセプトのもとで開発しました。

「ECO Flagship Model」は、「エネルギーを自給」し「自然と一体化」し「最適に成長」する住まいとして、最新の環境技術のほか、伝統的な日本家屋の知恵や工夫などを建物全体に採り入れることでライフサイクルCO2マイナスを実現しており、木のように地球の一器官として機能し建てること自体が環境貢献となる、画期的な住まいとして提案しています。

このコンセプトを受け継ぐGENIUS「LCCO2マイナスモデル」は、「ECO Flagship Model」で採用されている環境技術のうち、「カスケードソーラーシステム」や「付加断熱システム」などを標準装備した量産タイプとして商品化したもので、ライフサイクルCO2マイナスを実現する住まいとして業界で初めて発売します。

最近では、「エコ・エシカル」消費が顕在化しています。これは環境問題に関心を持ち、自らも高い環境倫理を持つ人々が、この倫理観に従い、EVやフェアトレード商品のように、たとえそれが高額であっても環境価値や機能性・デザイン性・公平性などの付加価値が認められれば、積極的に購入するという消費行動のことで、単なる環境問題に止まらない、より広範な社会問題への取り組みとも言うべきものです。  

GENIUS「LCCO2マイナスモデル」は、このような新しい価値観や先進的な人々の志向にも対応する住まいであり、環境住宅の未来像として、新しいライフスタイルを提案します。

■GENIUS「LCCO2マイナスモデル」の特長

  • カスケードソーラーシステム(太陽光発電+太陽熱利用)を標準装備
  • 付加断熱システムおよび基礎断熱を標準装備
  • 電動ブラインドシャッター(東西面)および樹脂ウッドサッシ(アルゴンガス入り高断熱Low-Eペアガラス)を標準装備
  • 創エネと省エネ、「エコフォルム」などの採用によるエネルギー効率向上で、年間のエネルギー自給率147%を達成
  • エネルギーモニターシステムおよびEV・PHV充電用外部コンセントを標準装備
  • ヒートポンプ式輻射パネルルーバー冷暖房システムをオプション設定

GENIUS「LCCO2マイナスモデル」は、“自立”と“共有”をキーワードに創造的なエコライフを実践する生活者「グリーンクリエイティブス」をメインターゲットとして、132.90m²(40坪)、141.18m²(43坪)、145.54m²(44坪)の3プランを用意、参考価格は、43坪タイプで1坪あたり税込94.3万円〜(43−2RE/建物本体価格)となります。

※1)

ライフサイクルCO2マイナスとは、最新の環境技術などにより居住段階におけるCO2収支を大幅にマイナスし、建設から居住、そして解体・廃棄に至るまで、建物のライフサイクル全体を通してのCO2収支をゼロ以下(マイナス)にするものです。住宅のライフサイクルCO2は、社団法人 日本建築学会「建物のLCA指針」および一般社団法人 日本サステナブル建築協会「CASBEE 戸建−新築」の計算方法を元に、独自に算出しています。

※2)

44坪タイプ(44−2RW)を東京都内に南向きに建築した場合の数値です。プラン・仕様・建築地などにより数値が異なります。


詳細はこちら (PDF227KB)
関連サイトはこちら
ECO Flagship Model

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部  広報・IRグループ    中村孝  武田路和
TEL:03-3349-8088
FAX:03-5381-7838
E-mail:Rowa_Takeda@home.misawa.co.jp


※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.