本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2013年8月21日

10kW以上の大容量太陽光発電システムを搭載

「Solar Max」シリーズを発売


再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用した20年間の売電に対応
木質系戸建住宅、木質系賃貸住宅、鉄骨系戸建住宅で展開
変換効率の向上により2階建延床面積30坪台でも10kWを搭載可能

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、太陽電池容量10kW以上の太陽光発電システムを搭載する「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズを木質系戸建住宅、木質系賃貸住宅、鉄骨系戸建住宅で展開、8月23日に全国(沖縄県を除く)で発売します。

エネルギーの安定供給の確保や地球温暖化の防止などを目的に、昨年7月より太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートしています。戸建住宅においては、屋根面積の制約などから10年間の余剰買取方式が適用される太陽電池容量10kW未満が主流でしたが、20年間の全量買取方式が適用される10kW以上を搭載することで、より大きな売電収入を得たいというニーズが徐々に高まってきています。

このたび発売する「Solar Max」シリーズは、このニーズに対応し、2階建延床面積30坪台から10kW以上の太陽光発電システムを搭載できる自由設計の住宅です。今回、変換効率が向上した東芝製の太陽電池モジュールを新規採用することで、10kWの搭載に必要な屋根面積を約2割※1小さくしました。また、屋根材を兼ねた屋根建材型の太陽電池モジュールを採用しているため、屋根材の上に太陽電池モジュールを搭載する据置き型に比べ、重量も軽く屋根への負担も軽減できるほか、外観上も美しいデザインを実現しています。   

太陽光発電システムを搭載する際には、発電量に影響がある各種条件について事前に把握することが重要です。そこで、ミサワホームでは建築地の日照条件や北側斜線などの法規制を調べる敷地調査のほか、発電シミュレーションを実施します。なお、10kWを搭載したモデルプランでのシミュレーションでは、全量買取方式の場合で月額約3万円、20年間で約750万円の売電収入を得ることが可能※2で、住宅ローンの負担軽減等にも寄与します。

「Solar Max」シリーズは木質系戸建住宅「GENIUS Solar Max」、木質系賃貸住宅「Belle Lead Solar Max」、鉄骨系戸建住宅「HYBRID Solar Max」の3商品で展開します。ミサワホームは今後も商品の充実や提案の強化によって再生可能エネルギーの普及を促進し、太陽光発電システムの搭載率60%を目指します。

※1:当社従来品比。
※2:愛知県名古屋市の場合。設置方位:真南、屋根勾配1/3、買取価格税込37.8円/kWh。20年間の発電効率を平均90%として算出。なお、試算の結果はあくまで目安であり、数値を保証するものではありません。また、10年目以降を目安に、パワーコンディショナの交換などの費用が必要になります。


詳細はこちら (PDF304KB)
関連サイトはこちら
「太陽光発電住宅」サイト

*この件に関するお問い合わせ先*

ミサワホーム株式会社
経営企画部 広報・IR課    武田路和  宮田智

TEL 03-3349-8088
FAX 03-5381-7838
E-mail:Satoshi_Miyata@home.misawa.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.